駄文型

プログラミングとか英語とかの話題を中心にした至極ちゃらんぽらんな日記です。

Homebrew-Cask でアプリケーションをアップデートする 例:Visual Studio Code

Casks

僕はメインのテキストエディタとして Visual Studio Code (VS Code)を使っているのだが、更新の頻度が高く、毎週更新するかどうか聞かれて少々面倒くさい。更新のために VS Code を再起動しても、なぜか更新されない。手動で更新するには、 /Applications から VS Code を削除して、公式サイトからダウンロードする必要があるのだが、面倒くさすぎてやりたくない。そこで Homebrew-Cask を使って更新することにした。ここでは VS Code を例にしているが、 Cask でインストール可能なアプリケーションであればなんでもいい。

環境

  • OSX 10.11.6
  • Homebrew 1.2.4
  • Homebrew-Cask 1.2.4

Homebrew のインストー

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrew — macOS 用パッケージマネージャー

Homebrew-Cask のインストー

$ brew tap caskroom/cask

Homebrew-Cask

VS Code の削除

VS Code を Homebrew-Cask ではなく公式サイトからダウンロードした場合、面倒だが一度手動で削除する必要がある。 Cask で入れている場合はそのまま次のステップに進む。

# Applications を開いて Visual Studio Code を削除
$ open /Applications
# rm -r でも消せるはず
$ rm -r /Applications/Visual\ Studio\ Code.app

Homebrew の更新

$ brew update

VS Code のバージョン確認

# インストール済の VS Code のバージョン確認
$ code -v
1.13.0

# Homebrew-Cask の VS Code のバージョン確認
$ brew cask info visual-studio-code
visual-studio-code: 1.14.0 # 以下省略

ここでインストールしたいバージョンが表示されない場合、残念ながら Cask 側が最新のバージョンに対応するまで待たなくてはならない。

VS Code のインストール・更新

# 新規インストールの場合
$ brew cask install visual-studio-code

# 更新の場合
$ brew cask reinstall visual-studio-code

インストールが完了したら、バージョンを確認する。

$ code -v
1.14.0

以後は brew cask reinstall visual-studio-code で更新できる。

課題

Cask 側が対応していないと最新バージョンをインストールできない

VS Code の最新バージョンがリリースされても、 Cask 側が対応しないと最新バージョンをインストールできない。辛抱強く待つか、あるいは自分で対応した方がいい。 Casks ディレクトリに visual-studio.rb があるので、それを編集すれば貢献できそうだ。 Contribute するときは以下を読んでみよう。

github.com

結局手動で更新する必要がある

結局は、一度 VS Code を落とし、 brew cask reinstall visual-studio-code を実行する必要がある。それすら面倒なら、 cron でスケジュール化するのも良いかもしれない。僕は勝手に更新がかかるのが気持ち悪いので、手動で実行している。

今日のひとこと

はじめてのVisual Studio Code (I・O BOOKS)

はじめてのVisual Studio Code (I・O BOOKS)