駄文型

プログラミングとか英語とかの話題を中心にした至極ちゃらんぽらんな日記です。

紙の本はもういらないという話

電子書籍に移行することで失われる読書体験の中身が少し判明 - GIGAZINE

面白い研究だ。電子書籍で本を読むと物語内の出来事が発生したタイミングを覚えられなくなるようだ。これはやはり紙媒体の本のほうが触覚などに与える刺激の分、情報がリッチであるこに起因しているのであろう。実験者も同様の考察をしているようだ。おそらくは電子書籍端末に進行状況を常時表示させても紙媒体との差は埋められないだろう。

これは、「小説など読書体験そのものを楽しみたい時は紙、情報を取り入れることだけが目的の場合はどちらでもいいが分厚い本でも同じ重さという点でやや電子書籍が有利」という一般的な?見解と一致する結果であろう。

つまり、Kindleが欲しい。

広告を非表示にする